東京の街並み

最近わけあって散歩をする機会がふえている。それで近所を散策してみて感じたことを少し書いてみる。 一言でいうとまことにつまらない街だなあということである。 ヨーロッパにいっていつも驚くのが、街並みがとても整然としていることである。皆、似たよう…

新聞がおかしくなってきている?

新聞といってもわたくしがとっているのが朝日新聞であるので、それへの感想である。 最近やたらと広告が多くなってきているなあという印象があったので、本日の朝刊を調べてみた。 2面通しの広告が一つ、全面広告五つ。その一つはコロナワクチンについての政…

本日の朝日新聞の朝刊の川上弘美さんの文

本日の朝日新聞の朝刊に川上弘美さんが「生きている申し訳なさ」という文章を寄せている。 東日本大震災から10年の時間が経過して、最近、テレビなどでも多くの番組が作られているが、それに関連した寄稿である。 当時は当事者だと思ったが次第に傍観者に…

身内と余所者

今のアメリカの騒擾を見ていると、わたくしのような団塊の世代には既視感があって、どうしても60年安保のことを思い出してしまう。その時にも、全学連を中心とした人たちは国会敷地内に入り込んだはずである(議事堂内にははいらなかった。入れなかった?…

Books&Apps

先月のはじめごろ、ティネクト株式会社の安達さんという方からメールがあり、その会社のBooks&Apps というメディアに何か書きませんか、という話だった。 寡聞にして、そのメディアについてはまったく知らなかったが、何回かやりとりの後、ためしにこんなも…

三島由紀夫 没後50年

最近、書店にゆくと三島由紀夫関係の本が目立つなと思っていたら、今年は没後50年ということらしい。 もっとも多いといってもやや目立つ程度であるから、三島もかなり忘れられた作家になりつつあるということでもあるのかもしれない。 没後50年に敬意を…

「お人好し時代のアメリカ」

「お人好しの時代のアメリカ」というのは、ドラッカーの自伝?である「Adventures of A Bystander 」の最後の章のタイトルである。(本書の邦訳の題名は「ドラッカー わが軌跡」(上田惇生訳) 「傍観者の時代」(同じく上田氏訳) 「傍観者の時代 ―わが二〇…

学術会議

最近 いろいろ話題になっているので、学術会議の会員というのはどんなひとがいるのかなと思って、調べてみた。 検索で最初にヒットしたのが第22期という少し前のもので、猪口邦子さんとか上野千鶴子さん、野家啓一さん、長谷川寿一さん、吉川洋さんなど、…

啓蒙主義

若い時は啓蒙主義とか啓蒙思想とかに非常な反感を持っていた。要するに、学ぶことによって世界の真理を会得したものが、まだ無知蒙昧で世界の仕組みを理解していないものに教えをたれて良き方向に導いていく、というような何とも傲慢で思いあがった考え方の…

未来は開かれている

一月の終わりに、中国で新たな新型肺炎が流行しているという報道をみたときは、フーンと思っただけだった。以前、病院の責任者をしていた時に、何回か新種のウイルスが日本にはいってくるかもしれないという話が出たことがあって、そのたびに、もしそうなっ…

ラジオ

自分の記憶を遡ってみると、一番古い記憶というのはラジオのドラマ、それもその主題歌であるように思う。それが「鐘の鳴る丘」であるような気がするのだが、これは昭和22年から25年に放送されたようであるから、昭和22年生まれのわたくしがいくら何で…

テレビ

日本にテレビが普及したのはいわゆるミッチー・ブームの時だから、わたくしが小学校高学年のときで、我が家にテレビが来たのも、小学校6年の時だったと記憶している。大宅壮一が一億総白痴化といったのも、その頃だったかもしれないが、もちろんそんなこと…

8月15日

毎年8月15日は「終戦記念日」として、各地で行われる様々な式典が報道されている(今年はウイルス感染拡大防止のため大分、規模が相当縮小されたらしいが)。しかし、「終戦記念日」というのはまことに奇妙な呼称であって、それだけみれば、単に戦争が終…

「第九交響曲」

今日の朝日新聞の朝刊に音楽学者の岡田暁生氏が「「第九」再び抱き合えるか」という文を寄稿している。「いつか「コロナは去った」と世界の誰しもが感じるようになる日。それを祝うコンサートとして、ベートーベンの「第九」ほどふさわしい曲はないだろう。…

いつのまにやら令和2年

自分は昭和の子であると自認しているせいか、平成という年号になじめないなと思っているうちに、いつの間にやら令和2年ということらしい。それで、平成19年などといわれても今から何年前かピンとこなくて、いちいち西暦に換算して確かめる始末である。早…

中村哲氏の訃報に接して

中村哲氏の訃報に接して、本棚から氏の「医者井戸を掘る アフガン旱魃との闘い」を取り出してきた。2001年10月刊行の本で、わたくしが持っているのは2001年12月の第3刷。 この本は2000年6月にアフガニスタンに久しぶりに戻った中村氏が赤…

本日の朝日新聞朝刊の記事

今朝の朝日新聞朝刊の「日曜に想う」という欄に編集委員の大野博人という方が「壁崩壊30年 マルクス未完の問い」という記事を書いている。そこでは、ベルリンにありマルクス・エンゲルス全集(MEGA)を刊行中の財団が紹介されている。このMEGAは1…

ベルリンの壁

ベルリンの壁が崩壊してから30年になるらしい。 わたくしが今72歳だから、42歳の時のことだったわけである。 ひとの物心がつくというのが何歳くらいであるのかわからないが、少しものを考えることをするようになるのが小学校上級か中学初年あたりであ…

固定ド 移動ド

片山杜秀さんの「革命と戦争のクラシック音楽史」を読んでいたら、ベートーベンのピアノソナタ「悲愴」を論じている部分で以下のような記述があった。「とりあえず、第一楽章冒頭の一小節目を見てみましょう。出だしから強烈かつ単純の極みです。ハ短調の主…

週刊文春の橘玲さんの論

「週刊文春」の最新号での連載「臆病者のための楽しい人生100年計画」の「ロマンス小説の読者が‟欲情”する男性像」で、橘玲氏が、「女には男とは別のポルノがある」という説を紹介している。ハーレクイン・ロマンスなどのロマンス小説がそれにあたるとい…

加藤典洋さん

加藤典洋さんが亡くなったらしい。先日の橋本治さんのときもそうだったが、新聞をとっていないので、訃報記事などを目にすることもなく、書店で偶然、本のカバーに「追悼〇〇さん」などという帯が巻かれているの見て、それを知ることになることが続いている。…

自分にとっての昭和と平成

わたくしは昭和22年生まれであるので、昭和が終わった時には42歳、平成が今年に31年で終わるとそれから30年ちょっとということになる。物心ついてから自分が自身で経験した昭和は36~37年間となるので、ほぼ平成と変わらない年月ということにな…

はてなダイアリーから移行

はてなダイアリーがそろそろおしまいになるということで、はてなブログに移行しました。 まだ勝手がわからず、これからしばらくは、いろいろと修正をしていくことになると思います。 広告がでない設定にしたはずなのにでてくる。なぜかな?

全共闘運動と『ジャン=ジャック・ルソー問題』

亀山郁夫氏と沼野允義氏の「ロシア革命100年の謎」を論じていたときに、鹿島茂氏の「ドーダの近代史」(単行本)(「ドーダの人、西郷隆盛」(その文庫化))を思い出した。というか本当は逆で、最近文庫化された「ドーダの人、西郷隆盛」を読んでいたら…

公と私

養老孟司さんの近刊「半分生きて、半分死んでいる」を読んでいて、「国だけを公とする考えを右翼といい、個と公をごっちゃにするのを左翼という」という文が目についた。 前半はわかりやすい。公と対立するものは私であろうが、右翼は私のために生きる方向を…

根性

最近、ちくま文庫で刊行された「吉行淳之介ベスト・エッセイ」に「「根性」この戦後版ヤマトダマシイ」という文があった。文庫にはいつ書かれたものであるかが記載されていないが、「オリンピック前後」とか「女子バレーボールの大松監督」などとあるから、…

石牟礼道子さん

石牟礼道子さんが亡くなったらしい。 多くの方がそうなのではないかと思うが、わたくしも石牟礼氏の名前を初めて知ったのは「苦海浄土」の作者としてである。「苦海浄土」は水俣病被害を告発する反=公害の文学というような触れ込みであったから、わたくしが…

明治150年

明治維新が1868年なので、今年は明治150年ということになるらしい。 去年がロシア革命100年だったわけで、この1〜2年いろいろと節目の年ということになるのかもしれない。 明治維新というのは、日本が自己の規範を中国から欧州へと切り替えた年 …

2017年

何かを読んでいて、今年がロシア革命から100なのだという指摘があって、はじめてそのことにきがついた。それほどそのことに触れる言論がすくなかったということなのであろう。 わたくしは1947年生まれであるからロシア革命から30年で生まれているわ…

今日入手した本 勢古浩爾「さらなる定年後のリアル」

文庫 さらなる定年後のリアル (草思社文庫)作者: 勢古浩爾出版社/メーカー: 草思社発売日: 2015/12/02メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る 勢古氏の本はときどき読んでいる。ごく普通のどうということのない生をおくっているが、たまたま本を出…