本棚の整理

本棚の整理(5) 丸谷才一

丸谷氏の本は随分と多く持っている。対談本までふくめると70冊以上あった。それは氏がわたくしより年上ではあっても(20歳くらい上)、まあ同時代の文学者としてほぼリアルタイムで本を読んできているからだと思う。 ご多聞に漏れず、最初に読んだのは「…

本棚の整理(4) 倉橋由美子

倉橋由美子はもう忘れられた作家、今となってはほとんど読む人のいない作家なのではないかと思う。まだ一部、倉橋ファンというのがいるのかもしれないが、それは倉橋初期の「聖少女」あたりのファンであって、わたくしのように後期の倉橋に専ら関心があると…

本棚の整理(3) 三島由紀夫

三島の本もそれほど多くは持っていない。(単行本25冊くらい。短編全集6巻。文庫本10冊で、計40冊くらい。) わたくしが大学2年の時に三島がもう死んでしまったためで、晩年の「豊穣の海」4巻とか、「太陽と鉄」といったものは刊行当時に入手してい…

本棚の整理(2) 福田恆存

福田氏の本はそれほど持っていない。新潮社の評論集7巻、文藝春秋社版の全集8巻、後は単行本(主に戯曲)5冊ほど、文庫本5冊くらいで、併せて25冊ほどである。 福田氏はわたくしが最初に遭遇した思想家で、大学の教養学部時代に読んで圧倒された。ここ…

本棚の整理 (1)吉田健一 補遺

今日、丸の内の丸善で本棚を見ていたら、未見の吉田健一関連の本を二冊みつけた。川本直氏ら編の「吉田健一ふたたび」という本と、青土社刊の吉田健一「時間」である。 「吉田健一ふたたび」は、その「はじめに」で、吉田健一の生前に健一と交流があった篠田…

本棚の整理(1) 吉田健一

最近、小さな書庫を確保することができ、いままであちこちに分散して収納されていた本の一部をようやく一か所に収納できるようになった。といっても、四畳半くらいのスペースの三方に本棚を床から天井まで作り付け、本棚の奥行を25センチくらいにして、収…